歯並び修正の安全性

顔の歪みが生じている

治療器具

練馬区の矯正歯科で矯正を行う場合、歯科によっては抜歯が必要になることがあります。特に行われる点としては、歯並びが悪すぎる場合です。もちろん、練馬区の矯正歯科全てが抜歯を行うわけではありません。技術力に優れていたり、患者の要望を尊重してくれたりする場合には抜歯をしないこともあります。この点は担当医師とよく相談して決めましょう。また、歯並びの見た目はそれほどではなくても、顔の歪みが生じてしまうことがあります。歯並びと顔の形は切っても切れない関係です。見た目の問題を解決するためには、顔の歪みに影響している歯を取った方がいいこともあります。この点もよく考えて決めましょう。いずれにしても、信頼できる練馬区の矯正歯科を見つけることが大切です。患者の要望を全く取り入れないような歯科は避けた方がいいかもしれません。もちろん、歯科もセカンドオピニオンを選択できます。納得できない場合には、別の練馬区の矯正歯科を探してみましょう。それから、なぜ抜歯をした方がいいのかという説明をきちんとしてくれる歯科がお勧めです。抜歯のメリットが分かれば、誰でも行おうという気持ちになれるからです。実際に効果的な矯正をするためには、抜歯をした方がいいこともあります。そもそも矯正は歯並びを良くし、見た目を改善することが目的です。その目的を達成するためにも、抜歯が必要なら行いましょう。安全性などもしっかり確認し、納得した上で行うことをお勧めします。

賢く治療しよう

歯

一般的な医師による治療については健康保険が適用されますが、矯正歯科については基本的にはこの保険が適用されません。矯正歯科は治療しなければ健康に支障をきたすような病気ではないことがその理由として挙げられます。ただし、育成・更正医療指定医療機関において先天的疾患による咬合異常、手術を必要とする顎変形症、特定の疾患に起因する咬合異常に関する治療を受ける場合には保険が適用されることとなります。ここでいう顎変形性とは上顎あるいは下顎又はその両方の大きさや形や位置などの異常により顔面の変形と咬合異常を起こしている状態を指します。また特定の疾患とは唇顎口蓋裂、ゴールデンハー症候群などを指します。幸い練馬区には育成・更正医療指定医療機関が少なからずありますので、練馬区内からはもちろんのこと、練馬区外からも利用する人が多くいます。なお保険に適用されない矯正歯科でも医療費控除が受けられるケースがあります。医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合の超過分に対して控除が適用されるものです。ただしこちらは予防や美容に関する矯正歯科は医療費控除の対象とはならず、咀嚼障害や噛み合わせの改善のための矯正歯科などに適用されます。医療費控除の対象となる矯正歯科か否かは最終的には担当する歯科医師が判断します。練馬区で展開する歯科医師は技術や知識面もさることながら、こうした保険や税金に詳しいということでも定評があります。

専用器具を使う安心感

女性

歯の状態は健康においても重要です。歯並びが崩れているだけでも、虫歯になる可能性が上がってしまったりします。ただ不格好に見えるだけだから放置していいとはならないわけです。人はそれぞれで口の使い方に癖があります。例えば舌で前歯を押す癖がある人は、前歯に前方向へ力がかかるためいわゆる出っ歯になりやすいです。歯並びの崩れは誰にでも起こりうることであり、悪化させないためにも矯正歯科で治してもらうことが大切です。矯正歯科にも様々なものがあります。場所によって特徴も異なります。練馬区にある矯正歯科は、裏側矯正などの目立たない矯正法を扱います。矯正していることを隠したいという人は結構多く、そういった人には重宝することでしょう。プラケットなどの器具を扱う矯正歯科もあります。使用する器具は使用者に合わせてオーダーメイドで作るため、違和感のないしっくり来る物が用意されます。こんな感じで、練馬区の矯正歯科は個々で扱う治療法が異なります。練馬区で矯正治療を受けるメリットは歯を抜かずに矯正できることです。かつての矯正治療では抜歯が必要になることが多く、人によっては多数の歯を失うことがありました。練馬区の歯医者では専用器具を使った矯正を受けられるため、歯を抜く必要性が最小限に抑えられます。加えて矯正がちゃんと終わるまで器具のメンテナンスや具合の確認などを積極的に行ってくれるため、安心して治療を任せられることも強みです。歯の矯正を受ける人は練馬区へ行ってみましょう。